戦えドラゴンボーラーズBLOG(ドラゴンボールグッズコレクターの日常)

ドラゴンボールグッズの収集や更なる知識の向上のため、日夜戦い続けるブログ。管理人は20年前から延々ファンを続けている筋金入りのDBオタ&コレクター。最近はドラゴンボールヒーローズにも手を出してます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラゴンボールヒーローズ オリカへの道 その6

※ オリカ作成関連の記事のまとめ読みはコチラからどうぞ。


ドラゴンボールヒーローズのオリカ作成について、これまで当ブログでも何度かテストをしてきました。

裏面のパターン解析、および筺体での認識についてはほぼ完璧に実現できたのですが。

「カード裏面のデザインを凝りつつ、
 パターンを肉眼で見えないようにし、
 さらに筺体に認識させる」


という、なんとも難しい課題が残されていたワケですよ。

ですが、今週ちょっとひらめいた事がありますので、近いうちにテストしてみたいと思います。

詳細は次の通り。



過去のエントリ「ドラゴンボールヒーローズ オリカへの道 その3」でも検証した通り、インクジェットプリンタで印刷したパターンは実機で認識せず、モノクロコピー(トナー印刷)したパターンは認識したわけです。

という事は、筺体から見たら「インクジェットプリンタで印刷したパターンは見えてない」という事ですよね。

で、次の案になります。

DBH_test_06a.jpg

① 認識パターンをトナー印刷する。

② 透明OHPシートに、黒色インクを全面印刷する
  (これで①を隠す)

③ 半透明のラベルに、カードデザインをカラーインクで印刷
  (乳白色の半透明だからうっすらとデザインがわかる)


これを重ねると、肉眼ではカードのデザインが分かるはずです。

これを赤外線で覗くと…

DBH_test_06b.jpg

理論が間違ってなければ、インクを透明に見てくれるのであれば…

トナーで印刷したパターンを読み取ってくれるはず…!!

近いうちに、材料を集めてテストしてみます。



| ドラゴンボールヒーローズ | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pekindbz.blog90.fc2.com/tb.php/237-500c0be2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。