戦えドラゴンボーラーズBLOG(ドラゴンボールグッズコレクターの日常)

ドラゴンボールグッズの収集や更なる知識の向上のため、日夜戦い続けるブログ。管理人は20年前から延々ファンを続けている筋金入りのDBオタ&コレクター。最近はドラゴンボールヒーローズにも手を出してます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[収納一口メモ]不安定なフィギュアの転倒対策

ガチャポン系フィギュアに多いんですが。

台座が狭かったり、重心がずれていたりと、様々な理由で自立させるのが困難なフィギュア。ありますよね。
自立はするんですが、ちょっとした揺れで転倒することもしばしば。

2012-10-06_figure_02.jpg

例えばこんなフィギュア。HGシリーズDBZ、8弾から「孫悟空」選手。
まぁ見事な前屈姿勢。重心がかなり前なので、ちょっと油断するとすぐ前にコテンとこけちゃう。

この手のフィギュアをなんとか安定させていきたい。

2012-10-06_figure_01.jpg

用意した道具は以下。
 ・透明アクリル板
 ・カッターマット
 ・オルファ Pカッター
 ・アクリルフォーム透明両面テープ
 ・30cm定規


2012-10-06_figure_03.jpg

まず、フィギュアのサイズに合わせて、透明アクリル板を切り出していきます。
切り方は、定規を当てつつPカッターを使って、透明アクリル板の表面を削って溝を作っていく。
厚さの半分くらいの溝ができたら、力を入れてあげるときれいにパッキリと割れてくれます。

2012-10-06_figure_04.jpg

ちょうどいいサイズになったら、アクリル両面テープを使ってアクリル板とフィギュアを接着。
このアクリル両面テープ、かなり透明度が高い上に、適度な弾力があるので。
ちょっとくらいぐらぐらしがちなフィギュアの底面の誤差も、しっかり吸収してくれます。
あらゆる場面で大活躍。ペキンさん愛用品です。みつけたら即買いですぜ。

2012-10-06_figure_05.jpg

くっつけてみたところです。
透明アクリル板の見事なまでの光沢と透明感。それでいて両面テープが目立たない。

2012-10-06_figure_06.jpg

HGシリーズ、第8弾全てにアクリル製の台座を付けて見ました。

・・・それほど違和感も無いですよね?
むしろちょっとした高級感を演出できているかも。

これで飾っている時のグラグラや、転倒対策もバッチリであります。

| 収納一口メモ | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pekindbz.blog90.fc2.com/tb.php/818-688fa20f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。